頭皮を乾燥させないシャンプー方法

頭皮を乾燥させないシャンプー方法 - シャンプーと頭皮ケア

シャンプーと頭皮ケア > 頭皮を乾燥させないシャンプー方法

頭皮を乾燥させないシャンプー方法

頭皮が乾燥すると、さまざまな頭皮、髪の毛のトラブルが起こりやすくなります。
頭皮が乾燥してかゆみやフケが起こりやすくなってしまったり、皮脂が過剰分泌されて逆に脂っぽくなってしまったり、嫌な臭いが発生したり、髪の毛もぱさついたりといったトラブルが目立つようになってきます。

頭皮を乾燥させないためにも、シャンプーの頻度を少なくする、シャンプーを使わない方もいらっしゃいますが、それは却って頭皮の乾燥をすすめる原因になるためおすすめできません。
それは頭皮の汚れをしっかりと落とすことができなくなってしまうからです。
頭皮は皮脂分泌がとても盛んな部分ですから、それをそのまま放っておくと皮脂が毛穴に詰まってしまいます。
やがてその皮脂が酸化することで、嫌な臭いを発生させますし、毛穴を塞いで毛根にもダメージを与えるようになるのです。
頭皮の汚れをしっかりと落とすことが、頭皮トラブルを改善するために重要なことですから頭皮が乾燥していてもシャンプーはしっかりと行いましょう。
シャンプーの選び方や洗い方をしっかりマスターすれば、頭皮が乾燥しなくなるはずです。

まずシャンプーを選ぶときですが、洗浄成分がマイルドなタイプを使用することで頭皮の乾燥を防ぐことができます。
頭皮が乾燥している、ダメージを受けている方におすすめなのがアミノ酸系の洗浄成分が使われているシャンプーです。
髪の毛と同じ成分で洗浄するため、髪と頭皮に優しくおまけにダメージを補修しながらシャンプーできるため乾燥対策に効果的です。

またシャンプーをするときですが、熱いお湯を使わずに38度以下のぬるま湯で洗うことをおすすめします。
熱めのお湯を使ってしまうと、頭皮の乾燥がすすみやすくなってしまうからです。
そしてシャンプーをするときですが、爪をたてて洗ってはいけません。
汚れ落ちをよくするため、頭皮がかゆいときはつい爪を立てて洗ってしまいますが、それが頭皮を傷つけて頭皮を乾燥させてしまう原因となってしまうのです。