頭皮がダメージを受ける理由

頭皮がダメージを受ける理由 - シャンプーと頭皮ケア

シャンプーと頭皮ケア > 頭皮がダメージを受ける理由

頭皮がダメージを受ける理由

頭皮は私たちが自分の目で確認できない部分ですので、自分の目で頭皮がどれくらい汚れているのか、頭皮の乾燥状態などをきちんと把握することが難しいのです。
しかしながら頭皮は髪の毛が生えてくる場所ですから、その健康状態が髪の毛の健康状態を大きく左右するのです。
頭皮は私たちが気が付かないうちに大きなダメージを受けている可能性が高いのですが、そのダメージの理由にもさまざまな要因が考えられます。

紫外線によるダメージもその一つになります。
お肌が紫外線の影響を受けないようにと、日焼け止めなどを使って徹底ガードしているかと思いますが髪の毛や頭皮のガードは甘くなっている方が少なくありません。
しかも頭皮は紫外線に直接当たりやすい場所ですから、顔以上に紫外線からのダメージを受けやすくなっているのです。
最近はスプレータイプの日焼け止めも販売されていますので、頭皮や髪の毛も紫外線対策をしっかりと行う必要があるでしょう。
また紫外線の強い時期は帽子や日傘などを使って、紫外線が直接髪と頭皮にあたらないようにすることも重要になります。

そして毎日のケアによって、頭皮がダメージを受けていることもあるのです。
頭皮ケアの基本といえばシャンプーですが、シャンプーにより頭皮が強いダメージを受けていることがあります。
たとえば洗浄力の強いシャンプーを使用することです。
市販のシャンプーは洗浄力が強い製品がありますが、頭皮の汚れをしっかりと落とすためにそういったシャンプーを使っていると頭皮の乾燥をすすめてしまいます。
頭皮が乾くと自ら頭皮を潤わせようと皮脂の分泌が活発になるのですが、それが却って頭皮の臭いを発生させる原因を作るのです。
臭いが気になると今まで以上にシャンプーの量を多く使用したり、ゴシゴシとこすったりしてさらなるダメージを与えるような洗い方をしてしまうのです。
頭皮がダメージを受けないようにするためにも、頭皮に優しいシャンプーを選ぶことも重要なのです。